スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

4・5期合同暴露会議(前編)

kouicom3hosi a「と、いう事で。4期・5期にメインで動いているメンバーで設定とか裏事情とか暴露しようってコーナーです(営業スマイル)」
nagi3hosi1icom a「ちょぉ待てや!」
kouicom3hosi a「却下」
nagi3hosi1icom a「まだ何もいうてへんで俺!?Σ」
kouicom3hosi a「煩いな、お笑い担当。ちょっと黙ってろよ」
sizuka11mitubosi a「ほな、うちからもちょっとええかしら?」
kouicom3hosi a「ん?なに?どうぞどうぞ(にこにこ)」
nagi3hosi1icom a「なんやねん、この扱いの差ぁ……」
sizuka11mitubosi a「まあ、通常運行やろねぇ。ええと、まず、テオd…ティオールさん姿が見えへんけど、大丈夫なんかいう事と、うちとお兄はん、登場したばかりなんに、いきなり設定やか裏事情やか話すんもちょぉどうなんやろか、思うんやけど」
nagi3hosi1icom a「せやせや、俺もそれが言いたかったんや!」
kouicom3hosi a「さすが静風。聡明な着眼点だね。どっかの煩いだけのヤツとは違う」
nagi3hosi1icom a「せやから俺も言いたかったいうとるやろが!おどれがきかへんかったんやろ!?」
kouicom3hosi a「まあ、大まかに裏事情とか設定って言ってはいるけど、君達については、核心に触れるような事は一切なしの方向で。同じ人格ってPLは言ってるけど、同じ構造の以前に生まれていたキャラクター達の設定とかを話すことになると思うんだ」
sizuka11mitubosi a「つまり、原型やか類似やかそういう事やろか?」
kouicom3hosi a「うん、そうなるね」
nagi3hosi1icom a「……俺には反応なしなんかい。俺は空気か…!」
kouicom3hosi a「空気は人や動物、植物が生きていくために欠かせない大切なものだ。一緒にしたら空気に失礼だろ」
nagi3hosi1icom a「おどれが俺にいっちゃん失礼やわ!!!」
sizuka11mitubosi a(コウさん、ほんまはこういう辛辣な性格やったんやねえ。内側ん人間には容赦ないんやろな)
kouicom3hosi a「まあ、幾つかテーマがあるから、その辺もやりつつ話を進めて行こうと思うよ。と、いう所で今回のゲスト」
sizuka11mitubosi anagi3hosi1icom a「ゲスト?」
syanakari.jpg「私だな」
kouicom3hosi a「名前呼ぶ前に出てくるなよ、遮那王」
sizuka11mitubosi a「あらぁ、遮那やないの。どないしはったん?山離れて平気なん?」
syanakari.jpg「お前が勝手に里を出て行くからだろうが。とはいっても、私があの街に辿り着くまでには大分時間は掛かるが、こっちだったら出てもいいと言われたんでな。此処に来たわけだ」
nagi3hosi1icom a「あいたたぁ……なんでこいつがゲストやねん」
syanakari.jpg「何か言ったか」
nagi3hosi1icom a「なんでもあらへん…とほほ」
kouicom3hosi a「ほんじゃ、ま、面子も揃った事だし、最初のコーナー行ってみようか」




 


<自己紹介>

kouicom3hosi a「まあ、まずは基本的なとこで自己紹介からいこうか」
sizuka11mitubosi a「これ必要ありますん?ここ来たはるお人は、大体んがうちらん事知ったはるんと違うやろか?」
kouicom3hosi a「うん、まあ、そうなんだけど……ほら(ちらっと視線遮那へ)一人だけやらせるのもあれだし、かといって何もなしでスタートも…ねえ?だから、ついでに原型キャラとか歴史(?)とかあったら此処で言えばいいんじゃないかなって」
syanakari.jpg「ならば私は自己紹介だけだから、私からいこう。名は、遮那王(しゃなおう)、元は普通の狼だったんだが、瀕死の所を主に助けられ眷族となった。故に人語も操る事が出来る」
sizuka11mitubosi a「性格は、あまりあんひと殆どかわらへんねぇ。姿は黒に見えるくらい濃い赤毛の狼さんやね(ええこ、ええこ、と頭を撫でて)」
syanakari.jpg「ええい、やめろ!」
nagi3hosi1icom a「そない言いながら尻尾ふってんでこいt――いでっっ!!噛みよった!!!」
syanakari.jpg「ふん」
kouicom3hosi a「で、原型キャラとか歴史みたいのは?」
syanakari.jpg「そんなものはない。名前からして察する者もいるだろうが、静風に対応して生まれたのが私のポジションだからな。まあ、設定は大分異なるが」
kouicom3hosi a「そこは、オフレコの部分だね」
sizuka11mitubosi a「ほな次うちやね。静風、名前ん由来は白拍子でも有名な御前様からもろてます」
kouicom3hosi a「だから京都弁?」
sizuka11mitubosi a「せやね、都出身やさかい、京都弁でええやろいう安直な考えどすな(白い目でPLを見る)」
kouicom3hosi a「あいつ(PL)が関東生まれの関東育ちだから、にわか京都弁とかエセ関西弁とか言ってるんだよね、たしか」
sizuka11mitubosi a「そうどす。うちが喋る時はいっつも京都弁の解説サイトさん見ながらやってますわ」
kouicom3hosi a「……うわぁ、そこまでバラすんだ……」
sizuka11mitubosi a「なんか問題ありましたやろか?(にっこり笑顔)」
nagi3hosi1icom a「刃向かわん方が身ぃの為やで」
kouicom3hosi a「(薙の言葉に小さく頷いてから)えっと、それじゃ、原型キャラとか類似キャラの話にいこうか。静風はどんな感じだったの?」
sizuka11mitubosi a「どんないうても……うちと似てはるんは一人しかおらへんし。TRPGのNWいうのに参加させてもろた時に、生まれた『凪静風』ゆうんが原型言うたら原型どすな」
kouicom3hosi a「(プロフィール眺め)ああ、たしかに京都弁で、ウィザードとして戦う時は、白拍子姿ってなってるな。あれ?でも、この人、普段は男装の高校生ってなってるけど」
sizuka11mitubosi a「せやね。普通の学生の振りした流れのウィザードで、学生ん時は『凪静風』ウィザードん時は『静火』て名乗って、姿も変えとったんよ。元々、白拍子は男装やさかい、普段男装してたかておかしゅうあらしませんし。それにあれ(PL)の男装好きは今ん始まったことやあらへんしねぇ」
kouicom3hosi a「(そっと視線を逸らしつつ苦笑して)ははは、まあ、ね…。えっと、話戻すけど『静風』の時は標準語って設定もあったんだね、こっちは」
sizuka11mitubosi a「あらぁ……私も標準語は喋れますよ?(とても綺麗な笑顔)」
kouicom3hosi a「ごめん、僕が悪かった。普段通りでお願いします。普段、方言の人が急に標準語喋るとなんか怖いから…」
sizuka11mitubosi a「ほな、設定ん話いきましょか。設定は、たしか種族が吸血鬼やって、人間やなかったんよね」
kouicom3hosi a「そうだね、長い時を生きてきた吸血鬼って設定で……ええと、恋人の転生を待ってる…?へえ、男装の時はプレイボーイを装ってるってなってるけど、一途なんだ」
sizuka11mitubosi a「それ、あんたさんにだけは言われたない台詞やね(綺麗な笑顔再び)んー…恋人ん転生待っとる言うたら、ロマンチックな響きやけど、そない甘い設定やあらへんのよねぇ」
kouicom3hosi a「は、ははははは…(さっきから、藪蛇ってるな、僕…。)甘い設定じゃない、ね。まあ、PL(ヤツ)だからな」
sizuka11mitubosi a「重い設定やさかい、暗ったいん苦手いう人は読み飛ばし推奨どす。……警告はしましたえ?(にこ、と笑って)」





sizuka11mitubosi a「一族の血ぃの呪いいうんやろか。ほんに好きんなった相手やないと自分を殺す事ができへんのよ。吸血鬼やから寿命なんてあらしませんし、生を終えるんには心底惚れた相手ん手ぇで逝かせて貰うしかあらへん」
nagi3hosi1icom a「う、うわぁ……」
kouicom3hosi a「心底惚れた相手に憎まれながら殺されるか、自分の命を終わらせる為に相手の心も道連れにするか、の二択……いや、第三の選択肢もあるね、永遠といえる時の中で終わる事無く愛した相手の死を見取り続ける事……どれを選んでも悲惨すぎるな」
sizuka11mitubosi a「三番目の選択肢は心が保たへんやろね。せやから結局は二択になるんよ。せやけど、自分に転生の機会が貰えたら、もしかしたら二人が共に生き、生を全うできる人生があるかもしれへん」
kouicom3hosi a「不確かなものに願いを託すわけだ」
sizuka11mitubosi a「不確かやから、託せるんよ」
kouicom3hosi a「まさにパンドラの箱、か。……君はそういう設定持ってないよね?」
sizuka11mitubosi a「さぁ、どやろね?まあ、全くおんなし言うんはない思いますえ。なあ、遮那?」
syanakari.jpg「…………私に振るな」
sizuka11mitubosi a「まあ、自分ん死ぃを望むんは、サイトさん規約に反しますし、そういうんはあらへんよ(にっこり)」




nagi3hosi1icom a「ほな、次は俺……」
kouicom3hosi a「ちょっと待った」
nagi3hosi1icom a「なんやねん」
kouicom3hosi a「君と僕は、何気にキャラとして生まれて年数がある」
nagi3hosi1icom a「せ、せやな」
kouicom3hosi a「そういう訳で、前半はここで終了で、続きは後半って事で(きりっ)」
nagi3hosi1icom a「なんやねんその終わり方!?Σ」


sizuka11mitubosi a「ほな、また後半でお会いしましょうな?」
syanakari.jpg「ふん、気が向いたら来るといい」



スポンサーサイト
  1. PC関連
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ゆさまこと

Author:ゆさまこと
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。